さまざまなローン

2014年1月28日 / 未分類

銀行でお金を借りる際の基礎知識として、企業が融資としてお金を借りる場合と、個人でお金を借りる場合とあります。

個人で銀行でお金を借りる際の基礎知識として、住宅ローン、カードローン、教育ローン、カードローンなどがあります。

一般的に銀行でお金を借りるのは審査が厳しいというイメージがあります。

実際に銀行で借り入れできる人は、年齢が20歳以上60歳以下である事、安定して継続した収入がある事、

保証会社の保証を受けられる事などがあります。

専業主婦で働いておらず個人収入がない場合、銀行のカードローンは配偶者に安定した収入があれば借り入れができる場合があります。

今まで銀行や消費者金融にお金を借りた事がない人は、銀行のカードローンがお薦めだと思います。

借り入れ履歴がない人は比較的審査が通りやすいと言われています。

2010年6月に総量規制という過剰貸付けの抑制するルールが施行されました。

年収の三分の一以上は貸付出来ないというルールです。

ただしこのルールは消費者金融会社やクレジットカードのキャッシングに対してが対象で、銀行や信用金庫は対象ではありません。

銀行でお金を借りる際の基礎知識として、審査の条件が厳しい、書類などが面倒くさいとかあるかもしれませんが、

安心してお金を借りる事ができ、金利も低いのは、やはり銀行が一番だと思います。

借り入れ開始まで時間がある人は、色々な銀行の金利や審査基準を比較して検討してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る