銀行でお金を借りる基礎知識

2014年1月28日 / 未分類

住宅を購入するにあたり、多くの人は銀行でお金を借ります。

一般的には住宅は一生に一度の買い物なので、住宅ローンのために銀行からお金を借りるのも一回きりという人が多数を占めるでしょう。

結果として、銀行でお金を借りる経験が少ないため、銀行でお金を借りる際の基礎知識がない状況の人が多い傾向にあります。

住宅購入のため銀行でお金を借りる際の基礎知識がとは、いくつかあります。

一つ目は一番大事なことですが、返済能力があるかどうかということです。

銀行は借りる人が返済できるかどうかを確認します。

具体的には、会社員の場合、勤務している会社名であったり、源泉徴収票で本人の年収を確認します。

また、返済期間やボーナス月にどれだけ追加して返済するか確認し、そのプランに無理がないかどうかチェックします。

もちろん、借りる側は事前に無理のないプランを思い描いている必要があるのは言うまでもない話です。

次に、住宅ローンに銀行でお金を借りる際の基礎知識は、変動金利にするか固定金利にするかということです。

変動金利は固定金利に比べて一般的に返済額が少なくて済みます。

しかし、将来金利上昇時には、固定金利より返済額が上回る恐れがあります。

将来金利が上昇するかどうかは、予測不可能です。

推測の範囲で考えるしかありません。また、変動金利は半年毎に見直されるため、そのたびに次の半年の返済額が変更されます。

不安定要素を含むのが変動金利です。

これらのことが銀行でお金を借りる際の基礎知識と言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る